おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

剃ると濃くなってしまうというのは迷信だということについて解説していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

剃ると濃くなるは迷信

あなたはムダ毛処理がどのようにしていますか。
剃るという人もいれば、抜くという人もいるのではないでしょうか。
剃るか、抜くか、医療脱毛するかの三択かもしれませんね。
では、どの方法が一番良いのでしょうか。
もちろんお金はかかってしまいますが医療脱毛が断然よいでしょう。
なぜなら、ほぼ永久に脱毛状態を保つことができるからです。
数日に一度脱毛を事故処理する時間を考えると、少しお金を払ってでも脱毛を医療機関でしてもらうというのは良いかもしれませんね。
しかし、実際はみんながみんな医療機関でムダ毛処理を出来るわけではありません。
多くの人が自分で地道に処理しているのです。
そこで剃るという方法と抜くという方法が出てくるわけですが、どちらがより良いのでしょうか。
抜く方が良いと答える人の多くが、剃刀で剃ると怪我濃くなると言う人がいます。
これは本当なのでしょうか。
実はこれは迷信だと言われています。
では、なぜ剃刀で剃ると毛が濃くなるなどという迷信が生まれてしまったのでしょうか。
それは、毛の断面が関係しています。
ソルト家の断面が四角くなります。
そのため毛が伸びてくると、その断面が伸びてくるわけですから、視覚的に太く濃くなっているように感じるということなのです。
しかし、決して剃れば剃るほど毛が太くなるわけではありません。
ただし、剃るという方法が肌の負担になりやすいのは確かです。
剃刀が直接肌にあたることもありますからね。
しかしだからといって抜く方が完璧に良いというわけではないのです。
抜く方法は抜き方を誤ってしまうと埋没毛が出てきてしまうことがあります。
埋没毛とは毛穴から毛がきちんと出てこず、皮膚の中で伸びてしまう現象です。
ですから、剃るにしても抜くにしても正しい処理の仕方をする必要があるのです。
また、どちらの方法でムダ毛処理をするにしてもアフターケアは忘れないようにする必要があります。
しっかりとクールダウンしたり、クリームなどでケアをする必要があります。
正しいやり方で処理をすれば、ツルツルですべすべの肌を手に入れることが出来るのです。
夏が来るとどうしてもムダ毛が気になってしまいますよね。
年中処理をしている人がほとんどですが、夏は気合が入ります。
しかし、だからといって毎日ムダ毛処理をすると肌に負担がかかってしまいますから気を付けるようにしましょう。
特に剃るタイプの人は毎日剃らないように注意が必要です。
2週間に一度でも良いようです。
Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.