おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

一本一本脱毛するのに適しているのが、絶縁針を使った脱毛の方法です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

絶縁針とは

夏になるとムダ毛が気になるという人は多いですよね。
女の子なら春夏秋冬に関わらず年中ムダ毛処理をしているという人は多いことでしょう。
もちろん夏は海へ行ったりと露出をする機会も多いですから、脱毛処理も念入りにしなければいけないことは確かです。
毛というのは毎日成長しますから、どうしても毎日処理をしなければいけませんよね。
毎日の日課になっているという人がほとんどではないでしょうか。
しかし、このムダ毛処理の時間がないだけでかなりの時間を節約できると考えたことはありませんか。
そんな人におすすめなのが、医療脱毛です。
医療脱毛とは医療機関でムダ毛処理をしてもらうことで、その処理はとても正確で永久脱毛とも言われますよね。
では、実際どのような方法で処理をするのでしょうか。
ここでは、絶縁針を使った処理の方法について紹介したいと思います。
絶縁針と言うのは特殊コーティングがされているとても細い針です。
このハリによって電流が流されます。
その電流によって毛根部は破壊され、毛を創り出すことができなくなります。
この絶縁針は毛穴の一つ一つをピンポイントに処理していくために時間がかかります。
そのためムダ毛処理をするときに最初から絶縁針を使うという場合は少ないかもしれません。
まずはレーザーや光で処理をするのが一般的です。
しかし、レーザーや光での処理には限界がある場合もあります。
個人差があるからです。
そのような場合に、残った数本の毛穴に直接絶縁針を指すことで処理します。
そのようにすることによってツルツルのお肌を手に入れることが出来るという訳です。
しかし、痛みがあるので嫌だという人もいます。
確かに、極細とはいえ針で毛穴を指すうえに電流が流れるわけですからね。
痛みが伴うのは当然です。
しかし、効果はとてもあり、永久脱毛をするには欠かせない処理方法だと言われています。
さらに、レーザーと光の処理方法と決定的に違うのは、黒い色素に反応するわけではないということです。
そのため毛の色が薄い人や白髪の部分でもしっかりと脱毛することができるのです。
このように、医療脱毛ではレーザーや光での処理とともに絶縁針を併用する場合が多くあります。
どうしても痛いから絶縁針を使いたくないという場合は事前に医師に伝えるようにしましょう。
そうすれば、医師が何か方法を考えてくれるかもしれません。
医療機器は常に進化していますから、いつかまったく痛みなく脱毛できる日が来るかもしれません。
Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.