おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

毛の生える仕組みを知ることでムダ毛処理の仕方を考えるようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ムダ毛処理の前に毛の仕組みを知ろう

ムダ毛処理は女の子の日課とも言えるかもしれませんね。
数日に一回、もしくは毎日ムダ毛処理をしているという人は多いことでしょう。
しかし、実際毛の仕組みについて知っている人はどれくらいいるでしょうか。
正しいケアについて知る第一歩は、毛の仕組みについて知ることです。
まずは脱毛の方法を調べる前に、毛の仕組みについて理解しましょう。
皆さんは、毛には様々な部分に名前があるということを知っていましたか。
肌から露出していて、私たちの目に見える部分は毛幹と言います。
逆に、目に見えず皮膚の中に埋まっている部分の毛の事は毛根と言います。
毛根を刺激することによって育毛をするというように毛根という言葉はよく知られているかもしれません。
毛幹という言葉は逆に初めて聞くかもしれませんね。
さらに、髪の毛を抜いた時に髪の毛の根の部分が丸くなっていますよね。
毛なのに柔らかくなっています。
その部分のことは、毛球と言います。
実はこの毛球という部分は非常に重要な部分なのです。
なぜでしょうか。
なぜなら、この毛球によって髪の毛は栄養を吸収しているからです。
実はこの毛球は毛母細胞に接しています。
この毛母細胞というのは、毛を創り出すのに欠かせない細胞です。
ちなみに、この毛母細胞が破壊されてしまうと発毛することが出来なくなってしまいます。
これが俗にいう永久脱毛です。
医療脱毛ではレーザーや光を使ってこの毛母細胞を直接攻撃して破壊します。
私たちが事故処理するのでは毛母細胞を破壊することは出来ませんからね。
ちなみに、毛が生えるのには周期というものがあります。
大きく分けて3つのサイクルから成っており、休止期、退行期、成長期です。
髪の毛が最も元気な状態は成長期です。
成長期の髪の毛を抜くと毛球が付いてきます。
退行期の場合は毛球が既に衰退してしまっています。
これが抜け毛ですね。
休止期というのは全く毛が生えていない毛穴のことです。
ちなみに、医療脱毛で光やレーザーを照射する時には成長期である毛穴を狙います。
なぜなら、毛母細胞があるからです。
つまり、退行期の毛には毛母細胞がないということです。
毛球がないのですから当たり前ですよね。
このように毛の仕組みを理解すると、なぜレーザーや光での処理が成長期の毛に対して行われるのかがよくわかりますよね。
このように仕組みを理解することは非常に大切です。
脱毛処理は時間がかかりますが、じっくりするようにしましょう。
Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.