おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

自己脱毛処理の中でも多い抜くという方法ですが、抜き方によっては埋没毛が発生してしまう場合があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

抜くことで起こる埋没毛

あなたは抜く派ですか。
それとも、剃る派ですか。
自分でムダ毛処理をする場合、その方法は大きく分けてこの二つに分けられるでしょう。
抜く派の人も剃る派の人もそれぞれ自分なりの理由があるものです。
抜くのが嫌だという人の多くは、痛いからと答えます。
しかし、長年ずっと抜いて脱毛をしてきた人は、特に痛くは感じないといいます。
人間の慣れはすごいですよね。
生きている毛を抜くわけですから痛い訳はないですからね。
しかし、慣れてしまうのです。
しかし、抜くという方法は処理の仕方が正しくないと炎症を起こしてしまうことがあります。
毛を抜いた後に皮膚がかゆくなったという経験をしたことがある人がいるでしょうか。
これは炎症を起こし始めている証拠です。
抜いたことで毛穴が目立ってきたと感じる人がいるでしょう。
これも炎症に関係しています。
これは、脱毛した後に毛穴の中にある毛細血管から出血がおこった証拠なのです。
ですから、ツルツルのきれいな肌にするためには、炎症を起こさない仕方で脱毛することが大切なのです。
さらに、埋没毛を創り出さないのも大切です。
埋没毛とは何でしょうか。
埋没毛というのは名前にある通り、毛穴に埋没してしまっている毛のことです。
毛穴が黒くなってしまっているところがありませんか。
よく見ると毛がきちんと出てくれず皮膚の中に埋没しているのがわかるでしょう。
これが、埋没毛です。
これは毛を抜く時に毛根が引っ張られたことによってなってしまいます。
毛根が引っ張られると毛穴が横になってしまいます。
そのため、新しく作りだされた毛がうまく外に出ることができなくなってしまいます。
しかし毛は成長し続けますから、そのまま皮膚の中で伸びていってしまうのです。
では、そんな埋没毛はどうしたらよいのでしょうか。
まずは皮膚の周りをピーリングするようにします。
そのうえで、毛穴を左右に引っ張ったりしてみましょう。
そうすると自然と毛穴から出てくる場合があります。
どうしても難しい場合はピンセットなどを使う必要があるかもしれませんが、傷になってしまうと色素沈着などにもつながるので、できれば少しの刺激で自然と毛が出てくるようにしましょう。
皮膚をホットタオルなどで温めるのも良い方法と言えるでしょう。
埋没毛があってはツルツルお肌になれませんので、辛抱強く一つ一つ処理をしていく必要がありますね。
まずは抜いて脱毛をするときに炎症を起こしたり、埋没毛ができたりしないように正しく処理をするように心がけます。
Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.