おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

抜いて脱毛をした後は毛穴のアフターケアを怠らないようにしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

説明書をしっかり読もう

ムダ毛の処理は抜く人と剃る人がいますよね。
抜く人の中でも様々なタイプがあります。
例えば、電気脱毛器を使う人、脱毛テープ使う人、脱毛ワックスを使う人などです。
ピンセットを使って地道に抜くという人もいるかもしれませんね。
しかし、ピンセットを使う場合は広範囲のムダ毛処理をするときはかなりの時間がかかってしまいますよね。
電気脱毛器やテープなどを使ってある程度ムダ毛処理をして、仕上げにピンセットを使うというのが一般的かもしれませんね。
そんな抜く脱毛において注意する点があるでしょうか。
それぞれの抜き方で注意点は違ってきます。
まずは電気脱毛機について考えましょう。
この方法の特徴は、肌に脱毛器のヘッド部分を密着させて引き抜くという方法です。
ですから、毛はあまり長すぎず事前に短くカットしておくと処理がしやすいでしょう。
痛みも長いと強くなってしまうので、短くしておくと良いと言えます。
では、脱毛テープはどうでしょうか。
この方法は剃刀で剃ることと同様、かなり昔からあるムダ毛処理方法ですよね。
しかし、テープはどんどん改良されているので、昔よりも効果があるでしょう。
まずは粘着力が落ちないように肌に水分がついていないかをチェックします。
夏にテープを使ってムダ毛処理をするときはクーラーの中でやると良いかもしれませんね。
暑いと汗をかいてしまい粘着力が落ちてしまいきれいにムダ毛処理が出来ないからです。
さらに、時間をおくと効果が落ちてしまう可能性があります。
なぜなら、テープの糊の部分が温められることによって粘着力が落ちてしまうことがあるからです。
ですから、テープを使って脱毛処理をする場合はスピーディーにするようにしましょう。
はがすときに痛いからといってゆっくりとはがすのではなく、一気にはがしましょう。
はがす方向も大切です。
毛の流れとは逆方向にはがします。
そうすることでより効果的にムダ毛処理ができるのです。
ワックスを使う方法は、テープとは違いワックスが固まるまで待つ必要があります。
はがす場合もありますし、ぬれタオルでふき取る場合もあります。
しかし、これらの方法では固い毛はしっかりと抜くことが出来ない場合が多くあります。
そのようなときは面倒ですが、やはり一本一本毛抜きで抜くのが良いでしょう。
忘れてはいけないのはアフターケアです。
アフターケアでは毛穴を冷やすようにします。
そうすることで毛穴が閉じ、細菌が入りにくくなります。

注目の脱毛関連情報。マイナーだけどこのサイトで情報収集しましょう

Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.