おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック

正しいムダ毛の剃り方を知って美しいすべすべの肌を手に入れましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい剃り方

ムダ毛処理の仕方は、抜くのか剃るのかによって大きく違ってきます。
ここでは剃刀などで剃って脱毛をする方法について考えたいと思います。
ムダ毛を抜いて処理する場合は、場所を選ばないかもしれません。
しかし、剃る場合は、お風呂に入る時にするのが最適です。
なぜでしょうか。
なぜなら、お風呂に入ることによって肌を清潔にすることが出来るからです。
清潔ではない状態で剃ってしまうと、万が一傷がついてしまった場合、そこから最近が侵入し炎症を起こしてしまうことになるからです。
さらに、毛穴に水分を与えることによってよりきれいに剃ることが出来るようにできます。
角質もやわらかくなり感想を防ぐことができます。
もちろんお風呂場でそのまま剃ることもできますが、お風呂から上がって処理することもできます。
できれば蒸しタオルを活用するようにしましょう。
剃る部分に電子レンジで温めた蒸しタオルをあてて蒸らします。
そうするとムダ毛が柔らかくなるので、簡単に剃れるのです。
毛が太い人でもこの方法でやれば、剃刀が引っかからずに済みます。
また、剃る時はシェービングクリームをつけるようにします。
また、どのような毛の流れになっているかをチェックします。
なぜなら、剃る時は毛の流れとは逆に剃るときれいに剃れるからです。
人によっては、毛の流れと逆に剃刀を動かすと良くないと思っているかもしれません。
しかし、毛の流れに沿って剃刀を動かしてしまうとなかなかきれいに剃れません。
一部しかそれていない状態になることが多いので、何回も剃刀を肌にあてなければいけなくなってしまいますよね。
そうすると、既にきちんとそれている部分の肌に直接刃が当たることになり、肌が傷ついてしまいます。
どうしても剃り残しがある場合は、小さ目の剃刀でピンポイントで剃るようにしましょう。
肌を片手でしっかり押さえてぴんと張るようにするときれいに剃れます。
特に膝の部分は皮膚を張るようにしましょう。
肘は凹凸があり剃刀負けを起こしやすいので気を付けるようにします。
最後はアフターケアを忘れないようにします。
万が一剃刀負けをしてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。
まずは冷やすようにしましょう。
すぐに保湿剤を使うのではなくぬれタオルなどを使って冷やします。
落ち着いてきたところで初めて保湿剤を使うようにします。
手であまりむやみに触ったりしないようにします。
むやみに触るとそこから最近が入ってしまうかもしれませんからね。
Search
Copyright (C)2017おすすめ!失敗知らずの脱毛テクニック.All rights reserved.